あの時はツキまくっていた!やたら幸運が重なった私の過去の出来事

今思えば、あのときはツキまくっていた!
と思うことがあります。
やたら幸運が重なった私の過去の出来事。

今とは違い、若いころの私はとにかくフィーリングや直感で
行動するタイプでした。
仕事を辞めるにしても、何か買うにしても行動を起こすときには
自分の直感を信じていたんです。

仕事をしていたのでお金に困ることもなければ、
独身だったため、守るものも何もなかったんでしょう。
自分の直感に自信があったのも確かです。

たとえば、仕事を辞めようと思ったことがありまして、
もちろん、突然辞めたのではなく辞表を提出したりと
段階を経てきちんとやめました。
何となく、今の仕事はやめた方がいいような気がしたんですね。
それに加えて、やりたいことが見つかったのも確かだったので
当時勤めていた会社を辞めました。

私がその会社を辞めて、数か月たった後、
その会社の業績が悪くなり、今まであった手厚い福利厚生がなくなった以外にも、ボーナスカット、早期退職者を募る。
英会話など特殊なことができない人ももちろん、退職者に入れられるような事態になっていたんです。

解雇されてしまった私の友達は、突然のことで、とてもつらかったこととでしょうし、残った社員たちも悪条件の中ノルマや業績などをますます気にして努めなければいけなくなっていました。

ある意味、私はいいどりができて、いいタイミングで退職することができたと自分の幸運を喜びました。

さらに、その直感は宝くじまであてたんです。
たまたま、友達が宝くじを買うために並ぶと聞いたので
ついでに私も友達にお願いして宝くじを買うことにしたんです。
それまで宝くじなんて買ったことがありませんでしたが
友達が宝くじを買うために並ぶというのを聞いてふと、
私も買ってみよーと思ったんですね。

結果、10枚の宝くじを買って10万円当たりました。
私だけ。
ただ、友達にも何かお礼をする必要があったので
食事とカラオケをごちそうしたと思います。

さらに、転職した先では、
勤めていたブランドになぜか火がついて
業績がかなり上がったので、初めての社員旅行に
バリ島にも行かせて頂いたし、翌年にはプーケット島にもいくことができました。
もちろん、業績が上がったからのご褒美だったため
旅行代金は会社もち。
私は旅行費ゼロ円で、バリ島にプーケットに行かせて頂けたんです。
それに、私が勤めていた当時は家賃の数パーセントを会社が持ってくれていましたし、経費もバンバンつかえたので何かと経費で食事にも行かせて頂けていました。
数年がたち、退職をまたまた直感で決め、
段階を経て退職をしたのち、そのブランドの業績はダダ下がりで
社員旅行はなくなるは、家賃も上限2万までとされ、
経費もそうそう使えなくなったということになったそうです。

無謀にも直感で行動していたにもかかわらず、
当時の私はツキまくっていたな~を
今思えば感じています。
ただ、きっとあの頃の私なら、
悪いこともいい方にとっていたと思います。
何があっても、私はツイテいるということに疑いを感じていませんでしたから。
それが、ツキを呼び込むことにつながっていたのだろうと感じています。

今は。といえば、なかなか直感で行動するということが
できていませんが、自分を信じるということは
ツキを呼び込むことでもあるのだと思います。